新着情報

半永久的に効果が持続する頑固なくせ毛に対する縮毛矯正


 

女性の中には、『縮毛があるからセットがうまくできない!何とか真っ直ぐにしたい!』
と悩んでいる人が少なくありません。
そこで、縮毛を矯正しようと思い立ちますが、縮毛矯正がどんなものなのかを認識している人はあまりいません。
中には、ストレートパーマと勘違いしている人もいます。
 

●縮毛矯正

縮毛矯正とは、縮れた髪やくせの強い髪をストレートの状態に固定させる施術のことです。
縮毛矯正を受けると、どんな頑固なくせ毛でもストレートにすることができ、
一度ストレートになった髪は半永久的にその効果が持続されます。
ボリューム感の無い、スッキリした自然なストレートヘアにしたい人には最適です。
ただ、施術ではアイロンの熱を与えるため、髪が若干のダメージを受けます。
 

初めての施術で不安な人は、前髪や顔周りだけの縮毛を矯正して様子を見る方法もあります。
縮毛矯正の施術はまず始めに薬剤で髪の結合を切断し、柔らかな髪の状態を作ります。
次に、美容師がアイロンなどで熱を加えながら、髪の毛をストレートに整えていきます。
最後に、別の薬剤でもって髪を再び結合させ、ストレートになった髪をキープします。
これで、縮毛矯正が完了です。
 

ストレートアイロンなどを使い、髪を傷めないように髪の切断や結合を繰返すため、
施術には美容師の高い技術を必要とします。
縮毛矯正にかかる時間はカットやブローを含めて2~3時間程度です。
また、縮毛矯正の料金は地域やサロンによって異なりますが、
平均的な相場としてはおおよそ15,000円~20,000円程度になっています。
安いところでは約5,000円~6,000円程度、高いところだとおおよそで25,000円程度かかることもあります。
 

ちなみに、縮毛矯正を受けた髪は半永久的にストレートが持続しますが、
新陳代謝によって新たに伸びてきた髪には、当然施術の効果は出ません。
従って、くせ毛の質にもよりますが、半年に1回程度は縮毛矯正を受けることが必要です。
 

●縮毛矯正とストレートパーマの違い

縮毛矯正とストレートパーマにおける根本的な違いは、アイロンなどによる熱を加えるか否かということです。
ストレートパーマというのは、パーマによってできた人工的なウェーブを落とすことで、
以前のストレートな髪の状態に戻すことです。
あくまでも、人工的に作ったウェーブを取るための施術であるため、元々できているくせ毛が治るわけではありません。
ただ、軽いくせ毛程度であれば、ストレートパーマで治ることもあります。
しかし、治ったとしても持続期間は縮毛矯正より短くなっています。
 

●縮毛矯正後のケア

縮毛矯正の施術を受けた当日(施術後24時間)に注意しなければならないこととして以下の2つがあります。
 

1)髪を結わない
髪を結んだり、ピンやバレッタなどで留めたりしてはいけません。
髪に結いた跡やクセの残る危険性があります。
 

2)シャンプーはしない
早い時間にシャンプーをすると、薬品の効力が薄れてしまいます。
なお、日々のヘアケアを適正に行うと、縮毛矯正の効果が長続きします。
特に、髪が濡れている時はキューティクルが開いており、ダメージを受けやすくなっています。
風呂上がりなどで髪が濡れている時は、速やかに乾かすようにします。
髪を拭く時もタオルでゴシゴシこすらずに、優しく撫でるようにして水分を取ります。
また、アイロンの熱でダメージを受けているため、こまめにトリートメントなどをして保湿ケアをすることが大切です。
 

●まとめ

頑固なくせ毛や縮毛でお気に入りのヘアーセットができない時は、
思い切って縮毛矯正の施術を受けると悩みが一気に解決できるようになります。
縮毛矯正はストレートパーマとは違い、効果が半永久的に持続されます。
なお、施術後は髪がダメージを受けているため、ケアを怠らないようにします。
 
 

長浜市でヘアカット・セルフホワイトニングなら美容室 髪ゆう-KAMI YOU-にご相談下さい。

来店エリア:地福寺町、平方町、祇園町、神照町、宮司町、大辰巳町、勝町、公園町、十里町、森町八幡東町


サロン名:美容室 髪ゆう-KAMI YOU-

住所:〒526-0055 滋賀県長浜市三和町64-4

TEL:080-8321-3605

営業時間:9:30~17:00 定休日:水曜・その他不定休

業務内容:美容室・セルフホワイトニング

pagetop